必要不可欠。粗大ごみ回収で困らないようにするために、回収業者を選ぶポイントやコツ

- 粗大ごみの収集方法

粗大ごみの収集方法

あなたは粗大ごみの収集について理解しているだろうか。
前提として、あなたはそれがどのようなものなのかは理解しているだろうか。
粗大ごみというのは地方自治体が指定する袋に入らないものや、袋の口が結べないような大きなもののことを言います。
今回はそれの収集について紹介していこうと思う。

予約をする

まずは電話やインターネットで予約をする。
ここでは、不用品の品物の確認をし、収集日の確認をしよう。
そして予約の受付時に指定をして、収集場所を確認しよう。
以上のことが予約できれば、収集してもらうことが可能なため面倒がらずに行なっていこう。

処理券を購入

捨てるものに対して処理券を貼って決められた日時までに出そう。
このごみ処理券取扱店があるため、そこでそれを購入をし裏面のシールとなっている所をはがし、対象となるものに貼る。
それが無ければ回収は行なってもらえないため、注意が必要である。

指定された日の午前8時半までに指定された場所に出す

これは指定された日時に指定された場所まで出しておけば勝手に持っていってくれるため、収集する際の立ち会いは不要である。
収集する時間は指定できないが、基本的に朝の8時30分までに出しておけば、基本的に問題は無い。

家電リサイクル法に該当するものや、リサイクルシステムが構築されているものは回収できないものがあるため注意が必要である。
また、建築資材と見なされるものや産業廃棄物などの事業によって発生したものも回収は出来ないため注意が必要である。

Copyright(C)2015必要不可欠。粗大ごみ回収で困らないようにするために、回収業者を選ぶポイントやコツAll Rights Reserved.