不用品の回収業者選びのポイントを紹介!

業者を選ぶ際に基準などあるのでしょうか?損をしないためのお得な情報を公開しています! - 産業廃棄物の種類について

産業廃棄物の種類について

あなたは産業廃棄物の種類について理解しているだろうか。
事業で出された粗大ごみのような大きなものがすべてと思っている人も多いのではないだろうか。
今回はそれについて紹介していこうと思う。

廃棄物と言われるものとは

廃棄物の定義は一般的に【ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であって、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによって汚染された物を除く。)】というようにされている。
実際にそのものが廃棄物かどうか判断するのは、持ち主の意思によってほぼ決められることになる。
基本的には持ち主が自らで利用しており、それを有償で他人に譲ることができなくなった場合に不用品となってしまい、産業廃棄物として捨てられるというのが流れである。

廃棄物の分類とは

廃棄物は法律上二つの種類で分類をされている。
一つ目は一般産業物で、二つ目が産業廃棄物として分類されている。
ここで言われている産業廃棄物とは、【事業活動に伴って排出される、がれき類、汚泥、廃プラスチック類など】をいう。

特別な廃棄物

一般的な廃棄物とは別に爆発性のあるものや毒性や感染性のあるものは特別管理産業廃棄物として処理される。

今の時代はリサイクルを推奨しているが、やはりまだまだリサイクルしきれないものも多いのが現状である。
まずはごみを出さない工夫を一人ひとりが行なっていくことでごみ問題の一歩が進んでいくと言えるだろう。

Copyright(C)2015不用品の回収業者選びのポイントを紹介!All Rights Reserved.